プロジェクト コントロールの現在と今後

昨今のプロジェクトでは、コストへの配慮と、リスクに対する賢明な対応、さらに効果的な実施がますます求められており、企業はプロジェクトの進捗管理に一層力をいれています。このため、実施管理チーム内で、プロジェクト管理やコストコントロールでの役割と人員をさらに強化することが頻繁に行われていますが、その労力にも関わらず、プロジェクトパフォーマンスは世界規模で未だ改善の余地があると分析されています。

建設業界にいたっては、生産性は1990年代から減少傾向にさえあります。

 

専門のソフトウェアが効率性を向上させる

プロジェクト管理はそもそも必要がない?

プロジェクトパフォーマンスの改善に今後もずっと闘っていかなければならない?

――違います!


そのようなプロジェクトパフォーマンスの抜本的な問題の主な原因は、他でもない、不適切なツールに、より密接に関係しています。

最近の業界事例では、データ交換時の特性や Excel の計算式、照合レポートのトラブル解決といった少額な活動において60%以上もの時間をコスト分析に費やしていると示されています。幸運にも、応急処置があります。新時代のプロジェクトコントロールソフトウェアを実装すれば、高額な作業の割合を39%から90%にまで上げることが可能です。

ソフトウェアを実装したら、コスト解析・プロジェクトコントロールのエンジニアは現在のパフォーマンスのデータ解析と、ETC/EAC に関する予測を立てることに全力を注げるようになるでしょう。
こういった活動がプロジェクトパフォーマンスを正常な状態へ戻し、間違いなく、検証、特定、解決するといった活動よりもずっと価値のあるタスクです。

 

プロジェクトコントロールの最良事例に関する資料集をまとめました。こちらからダウンロードして、ご参照ください。
以下の資料が含まれています。(英語)


  • ウェビナ ビデオ:Understanding Contract Management for Enterprise Project Controls 

  • ウェビナ ビデオ:プロジェクトコントロール ソフトウェア使用事例

  • Tahoe 社の事例:3億2500ドルの建設プロジェクトのコスト管理を効率的にする方法とは

  • Ecosys EPC カタログ:ライフサイクル全体のプロジェクトコスト管理と、計画と実施の間のギャップを埋める方法

  • LA Metro社の事例:旧式の技術を新しいコスト管理・レポート作成ハブへ移動するには

   


※ダウンロードにはご登録が必要です。

 

Right Hand