CADWorx® & Analysis University 2015 Express Japan

ICASユーザー様のためのイベント、Intergraph CADWorx & Analysis University 2015 Express (CAUx2015)を今年も開催いたしました!

多くのお客様より発表内容などについてご好評であったほか、次回CAUへのご要望もいただいております。
これらを基にさらにお役にたてる情報をご提供できるよう尽力したします。

お忙しい中ご来場いただきましたお客様、ありがとうございました。
  

イベントに関するお問い合わせはイベント事務局までお寄せください。

 

開催日時
2015年10月15日 9.25 – 17.00  17:15 懇親会
開催場所

パシフィコ 横浜 会議センター4F アクセス
桜木町駅から徒歩約12分、みなとみらい駅から徒歩約3分

参加対象

* CADWorx、CAESAR II、PV Elite、GT Strudle の既存ユーザー様
* エンジニア、デザイナ、マネージャ
* EPC企業、プラントオーナ、製作企業

お問合せ
日本インターグラフ株式会社 イベント事務局 TEL.045-640-1191


各製品のボタンをクリックすると、セッション詳細ページへ移動します。

Time プログラム
9:15-9:25 受付
9:25-9:30 開会のご挨拶  渡邉 勝美
9:30-10:00 インターグラフ CADWorx & Analysis Solutions のミッション   ICAS社長・CEO リック アレン
10:00-10:05 コーヒーブレーク
 
http://www.coade.com/Uploads/Images/cadworx.png
マイケル スミス
(通訳:ケン ジョーンズ)
/global/jp/events/2015/CAUx2015_CII.aspx
リチャード アイ
(通訳:安藤 文雄)
http://www.coade.com/Uploads/Images/pvelite.png
トレーニング:能登 高志
他セッション:ミッチ スクラー
http://www.coade.com/Uploads/Images/gtstrudle.png
リロイ エンキン
(通訳:
日本科学技術研修所 三浦)

10:05-11:25 2D図面作成 - AutoCAD シートセットとCADWorx VIEWBOX
コマンドの活用
F=KX: 応力解析とは。荷重に対する応答計算について 無料トレーニング:
容器サポートのモデル化
GT STRUDLの優位性と
最新CADモデラー機能
11:25-12:45

カスタム フィールドを活用して
ワークフローを改善

非線形収束問題の解決方法 無料トレーニング:
熱交換器のモデル化
最新CADモデラーの機能とGTMenuの改良
12:45-13:45 昼食
13:45-15:15 I-ConfigureによるIsogen設定のカスタマイズ - 配管ライン情報、詳細図、レポート、図面名など 応力範囲が複数ある場合の
配管規格B31.3規則の適用と
新しい規格動向
振動と地震応答解析

GT STRUDLにおける
Guptaモード 重ね合わせ手法による厳密な応答スペクトル地震応答解析

15:15-15:30 コーヒーブレーク
15:30-17:00 CADWorx Plantの環境設定と
配管ルール
& CADWorx 2016 最新情報

倉 忍
衝撃荷重 - 動的現象と
その再発防止対策
容器サポート

幾何学的非線形安定問題と
骨組構造設計に与える影響

GT STRUDLを用いた非線形解析による構造物モデル
安定性検証

17:15- CAU 2015 閉会/懇親会

* 内容は予告なく変更する場合がありますのでご了承ください。

Right Hand