ホーム | CADWorx | CAESAR II |PV EliteGTSTRUDL

 

CAU 2015 Express:CAESAR II セッション概要


10:05-11:25 F=KX: How piping system response to load is calculated in CAESAR II This rather basic concept, F=KX, is the heart of CAESAR II. Every piping system component in your model is represented as a simple beam in bending using a stiffness matrix; all system boundaries are represented as stiffness vectors. The position of every node in your piping system (X) is then determined using this combined, global stiffness matrix (K) for each loading condition (F). This presentation will walk you through this process and give you a direct path from your input screen to the displacement report in CAESAR II. Such an understanding will be instrumental in setting your expectations from your CAESAR II analyses.
F=KX: 応力解析とは。荷重に対する応答計算について やや基本的な概念としてCAESAR IIの核である、 F=KX について解説します。すべての配管系モデルの管要素は剛性マトリックスを用いて曲げを受ける単純な梁モデルで表され、、すべての境界条件は剛性ベクトルで表すことができます。配管系のすべての節点の位置Xは、合成された全体座標での剛性マトリックスKをそれぞれの荷重条件Fで解くことで得ることができます。このプレゼンテーションでは、これらのプロセスを順に説明し、CAESAR IIも入力画面から変形レポートに至る過程を解説します。CAESAR IIの解析で期待される結果を得るための設定をより深く理解することができるでしょう。
11:25-12:45 Resolving nonlinear convergence issues in CAESAR II CAESAR II input includes many nonlinear restraint conditions that you may find in the field – liftoff supports, gaps and restraints, friction. In some situations, the interaction of these nonlinear conditions and the applied system loads cannot be resolved by iterating through linear assumptions found in the linear, F=KX, approach. What do you do then? This session will explain these nonlinear convergence issues in CAESAR II and present an approach to resolve the problem. (This presentation is an update of the 18 November 2014 webinar: Failure to Launch – Resolving non-convergence in CAESAR II.)
非線形収束問題の解決方法 CAESAR IIの入力には、浮き上がり、ギャップ、摩擦を扱う多くの非線形サポートがあります。モデルのいくつかではこれらの非線形条件と与えられた荷重条件での線形的なアプローチ(F=KX)では繰り返し計算が収束しないことがあります。このような収束しない場合の対処として、このセッションではCAESAR IIの非線形問題について解説し、この問題を解決する方法について紹介します。このプレゼンテーションは2014年11月18日に行われたウェビナー(独立するには-CAESAR IIの収束問題を解決する)を更新するものです。
13:45-15:15 B31.3 302.3.5(d) “When the computed stress range varies” – applying existing B31.3 rules in CAESAR II and a new piping code proposal Evaluating expansion stress range is, by far, the most common use of CAESAR II.  The piping codes establish a limit for this, single, calculated stress range to ensure against fatigue failure over a planned number of stress cycles.  But the approach is not so clear where there is more than one stress range involved – as in when a CAESAR II model has more than one thermal set for evaluation.  B31.3 offers a form of Miner’s Rule in equation (1d) to calculate an equivalent number of cycles but its application can prove to be an accounting mess.  This presentation will introduce CAESAR II’s cumulative fatigue evaluation as simple yet comprehensive satisfaction of this Code requirement.  The talk will be expanded to introduce a proposed B31 approach to address fatigue assessment in high cycle situations such as wave loading on piping in offshore structures.
応力範囲が複数ある場合の配管規格B31.3規則の適用と新しい規格動向 熱応力範囲を評価することはCAESAR IIのごく一般的な使い方です。配管規格では計算された単一の応力範囲が想定される応力繰り返しに対する疲労損傷を防止するために設けられています。しかし、このアプローチは1つ以上の応力範囲がある場合には明確ではありません。CAESAR IIのモデルでは複数の熱荷重を入力することができます。B31.3では、式(1d)でマイナー側による等価な繰り返し数が計算できますが、かなりいい加減であるといえます。このプレゼンテーションでは、規格要求を満足する包括的でわかりやすいCAESAR IIの累積疲労損傷評価を紹介します。疲オフショア構造物上の配管系での波浪荷重による高サイクル労損傷評価に関するB31アプローチの提案もご紹介します。
15:30-17:00 Impulse Loading - Dynamic Events and its Prevention of Recurrence It is a forensic look at a piping system after the event occurs, trying to determine what really happened and make modifications so the damage cannot occur again.
衝撃荷重-現象と再発防止対策 安全弁の吹き出し、ウォーターハンマーなどの衝撃荷重が発生するトラブル事象では、その現象の正しくシミュレーションして再発防止対策のCAESAR IIの具体的な手順を解説します。


※ スタッフが日本語で概要を説明いたします。
※ セッションの内容は予告なく変更となる場合があります。

 

 

Right Hand