ホーム | CADWorx | CAESAR II |PV EliteGTSTRUDL

CAU 2016 Express: CAESAR II セッション概要

13:15 Editing Material Database CAESAR II provides Material Database for the most commonly used pipes according piping codes. Regarding non-registered piping material, user can add and edit one using Material Database Editor. After registration, the material is available for all models just selecting it from drop down list in Classic Piping Spreadsheet, which makes it easy input and versality without manual entry. This session presents what the data prepare, how and where the data process and manage as user material database. For all attendees, Quick Reference Sheets specifically customized for latest CAESAR II 2016 will be available.
材料データベース登録・編集 CAESAR II では非常に多くの規格材料について、温度依存の機械的材料特性データベースを提供しています。 データベースにない材料については、材料データベース編集機能を使って新規に登録することで汎用性が増しますし、入力の間違いもなくすことができます。 本セッションでは新規登録に際して、準備すべきデータとその整理方法、データベース登録、編集加工などの操作を解説します。なお、参加者にはもれなくCAESAR II 2016 のすべての機能をわかりやすく整理したクイックレファレンス(日本語版)を進呈いたします。 Ÿ
・準備すべきデータとその整理方法ŸŸ
・編集加工などの操作
14:05 Modeling and Non-convergence for Static Analysis Piping system composes pipe fittings and restraints as boundary conditions. In piping flexibility analysis, the accuracies of boundary conditions affect significantly on the results. This session presents (1) the modeling of relatively complicated model with dummy support at bend, (2) notes for large bore branch modeling at the beginning. The session also follows the non-convergence problem for non-linear restraint analysis such as friction and gaps. The session includes the basic theory behind non-linear restraint modeling and the meaning/setting of the parameters used in the analysis.
静的解析におけるモデル化と非線形解析 配管系は管を含む管継手と配管を支持するサポートから構成されています。配管系の解析では、支持のモデル化の正確さが結果に大きく影響を与えることがあります。本セッションでは、モデル化における注意事項について具体的に説明します。次に、異常な結果のモデルのチェック方法と対応について解説します。 ŸŸ
・やや複雑なダミーサポートのモデル化 ŸŸ
・大口径ブランチのモデル化における注意事項 ŸŸ
・摩擦、ギャップといった非線形性解析(考え方)Ÿ、収束パラメータの意味と設定方法
15:05 Examples of Dynamic Analysis Dynamic loads are subjected to piping system as a profile of impulse with very short duration or cyclic variation in time. As such loadings the dynamic response sometimes larger than one of static. The ratio of amplification of dynamic compared to static is defined as Dynamic Load Factor(DLF). This session shows the modeling and analysis procedure and interface for (1) Relief valve discharge reaction spectra modal analysis, (2) Water hammer modal time history analysis.
動的応答解析の解析例 動的解析では、配管に作用する外力が短時間に作用する衝撃荷重であったり、時間ととも周期的に変動する荷重になります。このような動的荷重による応答は静的解析に比べて応答が大きくなります。動的応答と静的応答の比は動的荷重係数(DLF)として定義されます。本セッションでは、具体的な2例で動的解析におけるモデル化の手順と解析方法、および外部の管路流体解析プログラムとのインターフェイスについて解説します。 ŸŸŸ
・安全弁噴出し反力スペクトルモーダル解析 ŸŸŸ
・ウォーターハンマーの時刻歴解析
15:55 Overview of Latest CAESAR II 2016 CAESAR II 2016 provides new cutting edge interface for Static Load Case Editor. This session explains this new Load Case Editor with updated ASME B31.3 2014 Alternative SUS(tained) case.
CAESAR II 2016 新機能 CAESAR II 2016の新機能として、編集が容易になった荷重ケースエディターがあります。荷重ケース作成と修正時に有効な機能の使い方について解説します。次に、ASME B31.3 2014対応として代替持続荷重 と呼ばれる新たな静的荷重ケースが追加されました。これらは従来のSUS、OCCと何が違うのかを解説します。 ŸŸŸ
・Ÿ新しい静的荷重ケースエディター ŸŸŸŸ
・ASME B31.3 2014対応として代替持続荷重(Alt SUS: Alternate Sustained Case/Alt OCC: Alternate Occasional Case)
16:40 Q & A

※ セッションは日本語で実施します。
※ セッションの内容は予告なく変更となる場合があります。

Right Hand