ホーム | CADWorxCAESAR II |PV Elite |GTSTRUDL

CAU 2016 Express: PV Elite セッション概要


13:15 Customizing Material Database and Selecting Units This session presents PV Elite can use the allowable stresses in JIS B 8265 and 8267,and how to customize the material data base.
材料データベースと入出力単位系 PV Eliteでは適用可能な設計規格で規定されている材料データはすべて内蔵されています。また、ASME VIII division 1については現行規格だけではなく旧年度版の許容応力を使用することも可能です。JIS B8265及び8267の材料データを使用した設計も可能です。データベースにない材料についてはユーザ材料として独自のデータベースを構築することも可能です。本セッションでは、旧年度版の許容応力の使い方、JIS材料の許容応力の使い方、新規登録の材料データベースの登録、編集加工などの操作を解説します。入出力の単位系についても解説します。 ŸŸ
・日本の材料データベースŸ
・Ÿ適用規格年度の選択Ÿ
・Ÿ材料データ追加Ÿ
・Ÿ入出力の単位系
14:20 Analysis of Heat Exchangers and Input of Seismic/Wind Load for Vertical Vessels In some cases of heat exchanger design, calculated stresses exceed allowable stresses and users cannot find good solution. This session presents how to fix such difficulties.
熱交換器の解析及び縦型圧力容器の地震・風荷重の入力

熱交換器特に固定管板式熱交換器をASME VIII division 1 UHXを適用して設計する場合、荷重条件や計算出力が多岐にわたるため、算定応力が許容値を超えた場合どのような修正を加えれば良いか迷う場合があります。そのような場合の対処方法を解説します。また、一般的な風荷重・地震荷重の入力について解説します。 ŸŸ
・Ÿモデル エラー解決方法ŸŸ
・ŸŸ算定応力が許容値を超えた場合の対処方法(熱交換器設計に関連して)ŸŸ
・Ÿ風荷重(Wind Induced Vibration/Vortex shedding vibrationの計算方法と結果)
・地震荷重の入力

15:35 Design of Reinforcement for Openings and Overview of PV Elite 2016 How to design the reinforcement of openings by applying Appendix 1-10 and to analyze local stresses around nozzle attachments. ŸŸ
The latest PV Elite releases deliver a number of significant new and extended capabilities.
ノズル開口部の補強と周辺部の局部応力評価ŸŸ
PV Elite 2016新機能
面積補償法による従来式の補強法、および大口径ノズルに対しても適用できるAppendix 1-10による補強方法について解説します。また、配管からの外力によって生じるノズル取り付け部周辺の局部応力の解析方法についても解説します。 PV Elite 2016の新機能として、PV EliteからVUE Formatのファイルを出力できるようになりました。これによりSmart Plant ReviewからPV Eliteで作成した3-Dモデルを見ることができます。また、3-Dモデルが大幅に改善されました。これらについて解説します。 ŸŸ
・ŸŸŸ面積補償法、大口径ノズルに対しても適用できるAppendix 1-10による補強方法 ŸŸŸŸŸ
・Ÿノズル取り付け部周辺の局部応力の解析方法 ŸŸ
・ŸŸŸPV Elite 2016 の新機能(Smart3D/Smart Plant Reviewとのインターフェイス、3D GUI)、今後の展開に対する要望
16:35 Q & A

※ セッションは日本語で実施します。
※ セッションの内容は予告なく変更となる場合があります。

Right Hand