調達、製作 & 建造

海洋・オフショア・造船ファシリティのように遠隔地との取引で大きな困難となるのは、適切な時期に適切な場所へ適切な材料があるということを保証することです。 この問題は、プロジェクト・フェーズでの懸念事項であるだけでなく、運転フェーズでも同様です。 材料と輸送にかかるコストは高くなります。 不適切な材料が結果として生産の遅延となり、オーナーとオペレータにとって多大なコストの損失となります。

Intergraphの調達、製作、建造のための有効な精度の高い制御システムを採用することで、オフショア・ファシリティの設計者、オーナー、オペレータは、製作および組立ての期間に貴重な生産時間を無駄にしません。 ソリューションは、完全なプロジェクト・マネジメント・ライフサイクルに広がります-材料仕様と変更管理から調達および在庫、予測、材料の発行まで。 Intergraphはエンジニアリング、調達、製作、組立てを通して、労働コストを低減します。 Intergraphのオフショア・ファシリティのプロジェクト管理ソリューションは、材料の余剰・不足を回避し、すべてのプロジェクト・リスクを削減します。

  • EPC
  • オーナー/オペレータ
  • EPCとオーナー/オペレータ

SmartPlant® Reference Data

SmartPlant Reference Data は、Intergraphの設計と資材管理ソリューションであり、設計ツールで使用されるリファレンス・データの定義と管理を目的としたルールドリブンの変更管理機能を提供します。 このリファレンス・データは、アイテムの注釈や寸法テーブル、スペック、クライアント・マッピング、そして最も効率的な手法から構成されており、企業またはプロジェクトごとにまとめて保存することができます。 リファレンス・データは、造船所のプロセスにおいて共通基準となるものです。

SmartPlant Reference Data

SmartPlant Reference Data は、Intergraphの設計と資材管理ソリューションおよびクライアントのERPシステムで使用されるリファレンス・データの定義と管理を目的としたルールドリブンの変更管理機能を提供します。 このリファレンス・データは、アイテムの注釈や寸法テーブル、スペック、クライアント・マッピング、そして最も効率的な手法から構成されており、企業またはプロジェクトごとにまとめて保存することができます。 これらリファレンス・データは、下流プロセスでの共通基準であり、造船所へパブリッシュすることができます。

 

Standard Database for SmartPlant Reference Data

企業は、プロジェクトの様々な局面で要件を満たす部品カタログの定義に尽力します。 この工数を削減するため、Intergraphでは、プロジェクトのライフサイクル全体にわたって資材を一意的に表現でき、部品を包括的な範囲で示すSmartPlant Reference Data用の標準データベースを構築しました。 この標準データベースは、SmartPlant Reference Data内での資材の詳細管理に、高度で綿密なルールを使用します。 SmartPlant Reference Dataの標準データベースは、事前設定型の推奨する最も効率的な手法のソリューションであり、通常エンタープライズ・リファレンス・データの管理と資材の管理を迅速に実施することができます。 標準データベースには、業界標準の資材パーツの総合カタログが組み込まれており、オーナー/オペレータ、エンジニアリング、調達、製作、建設で使用する場合を想定した構成と記述がなされています。 また、カタログや配管スペック・インターフェイスをSmartMarine® 3DやPDS®などの3Dインテリジェント・アプリケーションで有効にする事前設定を提供しています。

SmartPlant Materials

 

調達との連携エンジニアリング

SmartMarine Enterprise から抽出された複数の資材データは、通常BOMとして集計され、以前のプロジェクト・フェーズと比較することで、プロジェクト・コストの傾向を分析し、より優れた決定ができます。 集計されたデータは、事前定義のテンプレートにより、ルールベース要件へまとめられてから、調達部門へ送られ、マニュアルでデータを再登録することなく、調達プロセスが開始します。

購入

必要条件、住所などのサプライヤ管理は、調達にとって不可欠な部分です。 以前または現在のプロジェクトにおけるパフォーマンス率と購入実績に基づいた、サプライヤの履歴情報を参照することで、交渉時により優れた決定ができます。 すべてのユーザーが、照会、入札、注文の購入サイクルで一貫したデータを活用し、ワークフロー全体で効率的なデータ管理を推進できます。 サプライヤを直接プロセスに参加させ、インターネットを介した安全なオンライン・アクセスを提供することで、照会のサイクル・タイムが大幅に削減されます。

行程、検査、輸送

購入情報と変更内容は、発送時に再利用できます。 SmartPlant Materialsの変更管理機能では、データ変更時でも常に信頼性が高く、最新の状態で保持することができます。 サプライヤや輸送会社、検査業者などのサード・パーティは、インターネットを介してリモートに行程/検査/輸送モジュールへアクセスできます。

在庫管理

発送時に作成したデータにより、現場または倉庫に納品されたかどうか、資材の受領プロセスを簡略化および短縮化します。 過不足・破損(OS&D)レポートを簡単に作成できます。 サブコンに発行する資材は、図面や作業パッケージを基準にすることができるため、時間とコストの節約になります。

建造計画

建造計画では、資材をすぐに利用できるのか、あるいは後で利用できるのかに従って、事前定義の作業パッケージに作業量を割り当てます。 また、重要な資材の在庫切れについても管理します。 その結果導き出される時間ベースの作業量には、予測と実際の両方が含まれるため、リソースの割り当てを最適に行うことができます。

 

 

 

Right Hand Column
 
© Copyright 2012 Intergraph Corporation - Printed from www.intergraph.com on 9/27/2016 5:20:16 PM