Power Focus Groupトピック・エリア

統合された配管 & ハンガーのシステム設計

製品: SmartPlant® 3D & 3rdパーティ解析ツール

配管システムとハンガー/サポート・システムの設計は、とても繰り返しの多いプロセスです。全ての業界の配管システム設計者は、配管レイアウト、配管応力解析、配管ハンガー設計、そしてハンガー解析が統合されている環境から、多くの利益を得ることができます。これらのインタラクティブなタスクは、統合されたソリューションを必要とする各ディシプリンの専門家によって、通常行われます。例えば、原子力発電所では、20,000以上のサポートが配置されるかもしれません。初期のサポート選択と設計は、配管ラインに付き、40-50時間を要するかもしれません。その後のレイアウト変更や他の変更によって、さらに40時間以上を必要をするかもしれません。効率向上の機会は、重要です。このPower Focus Groupトピック・エリアは、以下の要素を含む統合されたソリューションを提供します:

  1. 初期配管レイアウトと、自動入力
  2. 初期の配下応力条件
  3. 中間ノード、荷重、そして3Dモデルへの偏差書き込み
  4. ハンガー/サポートの場所と選択
  5. 設計されたサポートの構造解析
  6. 図面作成と注釈
  7. 最終配管レイアウトとサポート構成の結果

コンクリート、ペネトレーション & 埋め込み金物

製品: SmartPlant 3D & 3rdパーティのモデリング・ツール

原子力発電所は、大規模なコンクリート構造物を必要とします。ペネトレーションや埋め込み金物の定義と管理同様、コンクリート構造物の設計は、重要なタスクです。SmartPlant 3Dのモデリングとリレーションシップ管理機能は、これらの設計を最適化する素晴らしい機会を提供します。このPower Focus Groupトピック。エリアは、ペネトレーションと埋め込み金物管理を含む、必要なモデリング機能を提供します。

統合されたエア・フロー図 & SmartPlant 3Dダクトモデリング

製品: SmartPlant 3D & SmartPlant P&ID

発電所の主要なプロセスは、蒸気の発生です。火力発電所は空気と燃料を混合、原子力発電所は換気が重要になります。これらのシステムは、適切なデータモデルとシンボルによるエア・フロー図が必要となります。このPower Focus Groupトピック・エリアは、データ、シンボル、そして設計とシミュレーション・ツールの統合のために必要な定義を行います。P&IDと3D配管モデルの統合で利便性があると同様、AF&IDと3Dダクトモデルの統合からも、利益を得ることができます。

建屋

製品: SmartPlant 3D

発電所全てのプラントは、床、ドア、壁、窓等の基本的な建築要素を必要とします。部屋と空間の概念は、原子力発電所の設計で欠くことができません。建築専用のパッケージは必要ではありませんが、建築アプリケーションがサポートしているいくつかの重要な機能が必要であり、それらはSmartPlant 3Dの既存タスク内で提供されています。このPower Focus Groupトピック・エリアは、基本的な業界建屋のために必要な機能、リファレンス・データそして成果物のテンプレートを識別そして定義します。

リファレンス・プラント

製品: 全SmartPlant Enterpriseツール

時期プロジェクトで再利用するための標準発電所の設計機能は、電力業界では非常に重要な機能であり、”リファレンス・プラント”としてしばしば参照されます。SmartPlant Enterpriseのための"リファレンス・プラント"コンセプトは、定義され管理されたSmartPlant Foundationコンフィギュレーション同様、各設計ツールを含みます。このPower Focus Groupトピック・エリアは、リファレンス・プラントの作成と再利用に必要な、SmartPlant設計アプリケーション、SmartPlant Foundationスキーマ、そして統合マッピングの識別と定義を行います。

確認 & 検証 (Validation & Verification:V&V)

製品: 全SmartPlant Enterpriseツール

原子力業界の規制は、設計プロセスの一環として、エンジニアリング・データが確認・検証されていることが要求されます。過去の従来の紙ベースのV&Vプロセスは、統合されたSmartPlant環境で理想的でありません。V&V条件を満たすことに関係している時間と出費は、SmartPlantの統合と変更管理機能の有効利用を通じて、削減することが可能です。このPower Focus Groupトピック・エリアは、規制の必要条件を満たす最適なV&V解決を提供するために、必要なSmartPlantコンフィギュレーションと作業プロセスを識別そして定義します。

計装/電気のスケマティック & 成果物

製品: SmartPlant Instrumentation, SmartPlant Electrical, SmartPlant Foundation

それぞれの業界は、特有の作業プロセスを持っているので、SmartPlant Enterpriseは、多くの業界のセグメントのために設計されています。Power Focus Groupを通して作業している電力業界の専門家は、電力業界で特有のスケマティックス、スペック、ワイヤリング、パッケージ単位、そして電力特有の安全規制のような、Intergraphが要求される作業プロセスや成果物を識別そして理解することをサポートするために、情報を提供します。さらに、メンバーは、設計の確認と検証をサポートするために統合が必要な、補完的な3rdパーティの解析プログラムを確認します。このPower Focus Groupトピック・エリアは、これらの要求に取り組みます。

シミュレーション統合

製品: SmartPlant P&ID, SmartPlant Layout, SmartPlant Instrumentation, SmartPlant Foundation, SmartPlant Process Engineering 

例えばCAPEX、実施可能性、安全性のような大多数の決定がこの間になされるので、プロジェクトのコンセプトのフェースは、キーとなります。プロセス設計のシミュレーションは、プロジェクトのスコープと一致した設計パラメータを最適化するこのタスクで、キーとなる要素です。SmartPlant Enterpriseは、SmartPlant P&ID, SmartPlant LayoutそしてSmartPlant Instrumentationによって、コンセプト設計フェーズのためのソリューションを提供します。電力業界では、Gatecycleが、一般的にシミュレーション・タスクで使用されます。このPower Focusトピック・エリアは、SmartPlant Enterpriseでコンセプト設計フェーズと統合必要条件の作業プロセスを定義します。

Kraftwerk-Kennzeichen-System (KKS)

製品:  全SmartPlant Enterpriseツール

KKSは、プラント・コンポーネントのタグ、構造、ネーミングルールのエリアをカバーする、電力業界で最も広く採用されているスタンダードです。Intergraphのカスタマは、KKS標準が必要であるプロジェクトを判断し、そしてKKSに対応しているSmartPlantリファレンス・データの提供をを求めました。SmartPlant Enterpriseは、KKS利用可能です。Intergraphは、スタンダードの開発元であるVGBから、我々のプロダクトにスタンダードを提供することの同意を得ています。スタンダードを持っていることと、スタンダードを使用することは、異なります。Power Focus Groupは、使用する要求に情報を提供します。このPower Focus Groupトピック・エリアは、キーとなるプロジェクト・マイルストーンで実用的な作業プロセスと必須の成果物でプロジェクトに関してKKSスタンダードの使用をレビューします。

 
© Copyright 2012 Intergraph Corporation - Printed from www.intergraph.com on 12/7/2016 8:03:16 PM