home
 
 
  • 商品詳細
  • 商品概要

CAESAR II®

 

CAESAR II は、国際コードや標準に対して配管システムの構造応答と応力を評価します。CAESAR II は、他配管応力解析ソフトウェアの評価基準として位置付けられています。

 


データ収集
CAESAR IIでは、配管系構造物の強度解析をするために必要なデータを簡単に入力したり、表示したりすることができます。入力したデータを要素別に変更したり、データセットとして複数の要素をグループにまとめて変更を加えたりすることもできます。

最先端のグラフィックス
CAESARIIのグラフィック表示モジュールでは、応答計算結果から問題とされる領域を素早く表示し、配管系構造物を改良するアイデアを提供します。 どのような荷重条件においても、応答結果を構造物にカラーコードで表示し、応答変位をアニメーション表示します。

デザインツールとウィザード
デザインツールとウィザード、例えば地上でのエクスパンションループ自動作成ツールやプラントモデルビューなどのツールを使用することによって、知識と経験とを1つに繋ぎます。これらのツールを使用することによって、今までの推測による作業から正確な解析と実用的な設計変更を提示することができます。

解析オプション
CAESAR II は、配管系構造物の熱応力、自重、内圧などの応答を評価します。その他にも風、地震、振動、波などの原因による影響も解析します。 CAESARIIは、大きな垂直変動に対して固定サポートから適切なスプリングハンガーを選択することができます。

 

また、サポートリフトのずれや間隙、摩擦などの非直線的な影響についても解析します。 CAESAR IIの動的解析機能には、モード解析、応答スペクトル解析、時刻歴解析などがあります。

エラーチェックとレポート

CAESAR IIプログラムには、一体化したエラーチェック機能が含まれています。このエラーチェック機能はユーザ入力を分析したり、「有限要素」と「配管視点」との両方の整合性をチェックしたりします。レポートは明確に整理され、完全にユーザ定義をすることができます。

材料データベースとアセンブリデータベース
 
CAESAR II は、配管材料表に加えて、エキスパンションジョイント、構造用鋼の断面、スプリングハンガー、および許容応力を含む材料特性などの索引表が組み込まれています。 このため各解析において、確実に正しいデータを使用することができます。また、CAESARIIには、世界各国で使用される主要な配管適用コードが登録されています。

デザインとの双方向インターフェース
CAESARIIには、業界初で業界唯一のCADデータと強度解析データとを双方向に、かつシームレスに移行することができる機能が組み込まれています。 Intergraph のプラント設計パッケージでありますCADWorx® PlantとCAESAR IIとの連結によって、設計および解析のデータを損失することなく両パッケージ間でデータの受け渡しが可能です。


COADE CAESAR II®


  • 静的・動的解析機能
  • 直観的解析モデル作成
  • 最先端グラフィックス
  • デザインツール・ウィザード
  • 配管モデルのロード・ビュー機能
  • 総合的エラーチェック機能
  • ユーザ定義レポート
  • 風・波形解析
  • 地震・支持固定解析
  • 国際的配管コードの適用
  • 広範囲材料データベースの搭載
  • 鋼鉄データベースとモデリング
  • エクスパンションジョイント・データベースとハンガー・データベース
  • ハンガーデザイン
  • COADE CADWorxプラントからの双方向リンク

 

システム要件
 
Microsoft Windows XP Proまたは Windows Vista Ultimate

オペレーションシステム要件につてはこちらをクリックしてください


応用分野
プロセスおよびプラント設計、配管、機器、鋼鉄製品、石油化学、化学、電力、オフショア、食品、飲料水、醸造、製薬、水処理、船舶配管、建築

 


©Copyright 2010 Intergraph Corporation