Leica CloudWorx™ for PDS®

Leica CloudWorx™ for PDS®

 

Visualization Micro-Site へ

Visit Our Visualization Micro-Site

ワークフロー全体を通じて3Dモデリング&ビジュアライゼーションを促進することができるか参照してください。
さらに詳しい情報


GetSmart! ウェビナ・シリーズ

GetSmart Webinar Series

Intergraph製品のさらに詳しい情報は、GetSmart! Webinarシリーズを参照してください。

2D・3D設計に点群を活用

Leica CloudWorx for PDS

Intergraph® PDS® は、プラントの設計・建設・運転を目的とした統合型のコンピュータ支援設計/エンジニアリング(CAD/CAE)アプリケーションです。生産に特化したこの製品は、EPCやプラントオーナへ可能な限り最適な設計をより効率的に行うことでプロジェクトに投入されるコスト全体を削減します。

CloudWorx™ アドオン・ソフトウェアは、Leica Geosystems HDS Cyclone™ ソフトウェアのプラットフォームを使用して、PDS内で点群データへアクセスできるようにします。この強力な組み合わせにより、オフィスから出ることなく、安全にプラント内を配管ラインに沿って移動することが可能となります。 Leica CloudWorx for PDSは、レーザスキャナでキャプチャし、PDS内へ直接取り込んだアズビルトな点群データを使用するための、最も効率的で利用されているプラグイン・ソフトウェアです。

Download Leica CloudWorx for PDS プロダクトシートのダウンロード

使い慣れたPDSのインターフェイスとツールを活用すれば、レーザ・スキャンデータの操作を短期間で習得できます。大量の点群データを効率的に表示・処理することができます。正確な2D・3Dのアズビルトを作成したり、提案された設計を既存の条件に対してチェックしたり、あるいは重要な建設や製作QAを実施したりする作業を、直接PDS内で全て実施できます。

これまで、点群の操作に悩まされることも多くありました。CloudWorxでは、強力なTruSpace表示ウィンドウがそれら問題を解決します。この直感的に操作できるパノラマ表示のウィンドウは、点群が表現するものを適切に「表示し」、これまでにない速度で点群をPDSに表示することができます。

点群表示コントロール

特定の領域に焦点を当てるには、簡単なツールで3D点群の領域を具体的に定義・表示します。さらに見やすくするには、フェンスやユーザ定義の断面、スライス、または3D境界ボックスを使用して点群のセグメントを選択し非表示にできます。

正確な図書の作成

点群データのスライスを使用すると、平面図および立面図の作成が容易です。2Dラインやポリライン、円弧は、最も適切で正確な形状を表示します。また、点群の断面図が直接描画されるため、全く新しい正確な成果物によりプロジェクトのサイクルを短縮できます。

アズビルトの配管モデル

配管フィッティングツールは、PDSのツールと連動し、点群に最適な、正確でインテリジェントなアズビルトの配管モデルを素早く作成します。また、今後実施される改修設計に関連する場所を、簡単に識別します。CloudWorxのフィッティングや領域拡張ツールを使用して、点群から平面をモデル化することも可能です。

改修プロジェクトの詳細情報

改修設計のプロジェクトにCloudWorxを使用して、実在のアズビルトや既存の状態を表現する点群から、干渉チェックを行うことができます。エンジニアは、点群がもたらす膨大な詳細情報から、正確で完全な情報に基づいた2D・3D設計を実施できるほか、プロジェクトの様々な建設段階において時間とコストを削減します。

製品やソリューションのさらに詳しい情報や購入に関しては、日本インターグラフへのお問い合わせ フォームへ記入をお願いします。 また、企業・業界のニュース、イベント、テクノロジ リリース、ご連絡などの最新情報をご覧になるには、弊社の e-mail ニュースレター Intergraph e-Connectionをご購読ください。

Right Hand Column
 
© Copyright 2012 Intergraph Corporation - Printed from www.intergraph.com on 7/22/2018 11:12:51 AM