SmartPlant Materials

主な機能

 

資材集計

SmartPlant Materialsは、見積から基本設計あるいは初期設計、そして詳細設計を経て完工まで、バルク材あるいは個別項目資材について集計をサポートします。.

サプライヤ管理

SmartPlant Materialsのサプライヤ管理ソリューションは、MSCM (Material Supply Chain Management)モジュールの重要な部分です。サプライヤの履歴に関して、以前のプロジェクトでの実績情報にアクセスし、予め定めた資格と過去の実績に基づいて、サプライヤを選択する基準を定義することができます。そしてサプライヤの履歴/詳細/取扱製品と、ベンダーの履歴/格付けを維持することができます。

サプライヤは、eSupplierモジュールによって、情報を登録、そして管理することができます。これによって、EPCやコントラクタに必要な管理作業を削減することができます。

引き合いサイクルと購買

SmartPlant Materialsは、引き合いと調達のデータを全て蓄える中枢を提供し、引き合い発注サイクルと調達の全活動を通じて、効果的なデータ管理を可能にします。eSupplier機能によるインターネットを経由した安全なオンライン・アクセスを与えられたサプライヤをプロセスに直接引入れることによって、引合発注サイクル時間が大幅に削減できます。

工程・検査・輸送

SmartPlant Materialsは、課から課へ連続的にデータの再利用ができ、引続き修正版の発行につれてデータの信頼性を確実に維持します。工程・検査・輸送モジュールは、サプライヤや運送業者あるいは検査員のような、第三者がインターネットを通して遠隔的にアクセスすることができます。

進捗測定

SmartPlant Materialsは、アカウント・コードあるいはコントロール・アカウントを、資材の項目行レベルにいたるまで追跡する能力を持っています。これにより品目ごとの調達活動をアカウント・コードあるいはコントロール・アカウントごとに捕捉し報告できます。

在庫と倉庫の管理

ジョブサイトや倉庫が地理的に分散していても、SmartPlant Materialsが工程管理中に生成したデータが資材の受入れプロセスを単純化し短縮します。OSD (Over, Short, and Damage; 超過・不足・破損) 報告が容易に作成できます。資材は図画やワークパッケージに基づいてサブコンに支給されるので時間とお金の節約になります。

建設計画

SmartPlant Materialsは、Site (Site Management) モジュールで所定のどんな時点でも、資材の有無を予測し、作業員が処理可能な仕事量と対比して建設計画を最適化します。これは、コントラクタのリスクを大幅に縮

サブコン管理

サブコン管理機能は、SmartPlant Materials内に完全に統合されています。これは、各々のサブコン契約のための進歩制御と同様に、計画、eSupplierポータル、Request for Quotation (RFQ)、そして全ての契約後の活動をカバーします。サブコンに必要な全ての特徴を提供するソリューションによって、シームレスに依頼・問合せを継続することが可能です。全てのサブコン契約は、完全に全てのディシプリンと部門を統合する単一の場所で取り扱われます。 これは、チームがエンジニアリング、調達と建設ライフサイクル全体で、より効果的にコラボレーションすることを可能にします。

Right Hand Column
 
© Copyright 2012 Intergraph Corporation - Printed from www.intergraph.com on 12/10/2016 11:56:49 PM